p.734 【ドロドロ血】が引き起こす怖い病気の数々 結石 

p.734トップ

目次へリンク (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【アルカリイオン水健康法、生命の水研究所代表 小羽田(コハダ)健雄著、メタモル出版より引用】

「① 血液は腎臓で濾過されえ尿となりますが、尿中には様々な成分が含まれています。尿量が少ないとそれらの成分が溶けきれずに結晶となります。これが結石の原因です。皆さんは夏場に結石患者さんが多い事実をご存知ですか。これは夏場には多量の汗をかく為、尿量が冬よりも少なくなるからだと言われています。

② 一言で結石といってもお【腎臓結石:結石は、多くは腎臓で形成されます。腎盂(ジンウ)腎杯(ジンパイ)内に結石がある場合は自覚症状に乏しいことが多く、検診で尿潜血(センケツ)を指摘され、精密検査で初めて発見されることもあります。腎杯頸部(ジンパイケイブ)はやや狭いため、結石が形成されやすく、また形成された結石が通過しにくいため、腎杯が拡張して軽度の鈍痛が起こることがあります。腎盂尿管移行部も、尿管の生理的狭窄部位のひとつであるため、腎盂で結石が大きくなることがあります。腎盂の形に鋳型いがた状の結石が形成されるサンゴ状結石は、腎結石の終末状態です】【尿管結石:】【膀胱結石:】など結石のできる場所に場所によって病名も症状も異なります。人体にとって危険な異物である結石を尿路につまったままに放置しておくと腎臓機能が低下し、腎不全を起こす場合があります。

 

 

 

 

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる関係記載ページp.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.734トップへ

p.733 脂肪細胞のしくみ

p.733トップ

目次へリンク (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【インターネットより引用】

「① 脂肪細胞とは脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞で、この脂肪細胞の脂肪蓄積量が増大すると肥満になります。

② これまで脂肪細胞は一定の年齢までは増加するものの、その年齢を超えると増加せずに、細胞が肥大するため肥満が起こると考えられていました。

③ しかし、最近の研究で、一定の年齢を過ぎても脂肪細胞が増殖することが明らかになったそうです。

④ 脂肪細胞が最も増えると言われている時期は、胎児期・乳児期・思春期ということが明らかになっています。とは言え、この時期を過ぎても安心してはいられません。上記でもお話したとおり、脂肪細胞は増殖するのですから。

【白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞】

① 脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。

白色脂肪細胞は大量の脂肪を蓄え、中性脂肪としてエネルギーを体内に貯える作用があります。

褐色脂肪細胞は余分なエネルギーを熱として放出する働きがあり、その数は幼児期に多く成人になると激減してしまいます。若いときと食べる量がそれほど変わっていなかったとしても年齢を重ねるごとに体に脂肪がつきやすくなるのは、褐色脂肪細胞が減ってくることも大きな要因のひとつです」

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる関係記載ページp.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.733トップへ

p.732 脂肪細胞:脂肪滴

p.732トップ

目次へリンク (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【インターネットより引用】

「【脂肪滴(シボウテキ】

細胞中に存在する、脂質やタンパク質などを含む球形の液滴(エキテキ:液体の粒。表面張力でまとまった液体 のかたまり)のこと。ヒトを含む様々な真核生物に広く見られる。

② 脂肪滴は細胞内小器官の一種であり、リン脂質からなる単層の膜で包まれている。脂肪細胞では、脂肪滴が細胞質の大部分を占めている

③ 脂肪滴には、生体のエネルギー源となる脂質を蓄積するという役割がある。自然界では、栄養分が必ずしも十分に、あるいは継続的に得られないことがしばしばあることから、脂肪滴の形成による栄養分の蓄積は、生存において極めて重要なメカニズムといえる。

④ しかし、栄養過多の環境に置かれているヒトにおいては、脂肪が脂肪滴に過剰に蓄積されることが、肥満、ひいては様々な生活習慣病をもたらすことが問題視されている。

⑤ 抗肥満薬【痩せ薬】の開発にあたっては、脂肪滴の形成に繋がる生体内でのシグナル伝達を阻害するという手法が目指されることがある。2013年に東京大学の佐藤隆一郎教授らの研究グループは、脂肪滴の形成がさらなる脂肪滴の形成を促すという循環を明らかにし、その循環を遮断することが肥満の抑制に繋がることを示唆した。2014年現在、脂肪滴形成のメカニズムは完全には明らかになっておらず、生化学的手法、分子生物学的手法など、様々なアプローチで研究が進められている。

⑥ 2010年に東京大学の宮崎徹教授らの研究グループは、従来アポトーシス(多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死のこと)抑制因子として知られていたAIM(Apoptosis Inhibitor of Macrophage)が、脂肪細胞に作用した場合、細胞中の脂肪滴を融解し、脂肪細胞の大きさを著しく減少させる効果を持つことを明らかにした。脂肪細胞の縮小は肥満の改善に繋がることから、AIMを抗肥満薬として応用する研究が行われている」

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる関係記載ページp.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.732トップへ

p.731 【ドロドロ血】が引き起こす怖い病気の数々 高血圧

p.731トップ

目次へリンク (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【アルカリイオン水健康法、生命の水研究所代表 小羽田(コハダ)健雄著、メタモル出版より引用】

「【高血圧】

高血圧:2003年に改定された米国合同委員会の報告では、高血圧を、最高血圧で140mmHg以上、最低血圧で90mmHg以上と定義。日本人の高血圧の患者さんは3000万人以上います。生命予後(生命が維持 できるかどうかについての予測)に大きな影響を与えます。

① 生活習慣病の一種である「高血圧」ですが、別名「サイレントキラー」とも言われ、自覚症状が現れないため知らず知らずに症状が進行してしまう病気です。

② 高血圧は動脈硬化や虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)、脳卒中、肝臓病など様々な合併症を引き起したり、糖尿病を併発したりする場合が多く、高血圧患者の死亡率は同年齢な健康な方と比べ約3倍と言われています。

③ 高血圧とは、最高血圧が140以上又は最低血圧が90以上の方を指します。二次性高血圧(何らかの特定される原因があって高血圧を示す状態を二次性高血圧と呼びます。原因にもよりますが、治せる高血圧ということもできます)と本態性高血圧(高血圧の患者さんの全体の約90%が本態性高血圧です。血液検査、さまざまな画像検査などによって原因を特定できる二次性高血圧が否定されると、本態性高血圧という診断になります)の2種類がありますが約90%の患者さんは後者です」

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる関係記載ページp.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.731トップへ

 

p.730 【ドロドロ血】が引き起こす怖い病気の数々 糖尿病

 p.730トップ

目次へリンク (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【アルカリイオン水健康法、生命の水研究所代表 小羽田(コハダ)健雄著、メタモル出版より引用】

「【糖尿病】

① 過食などによるエネルギー過剰摂取、運動不足、ストレスなどによって、インスリン(生理作用としては、主として血糖(ケットウ:血液中に含まれるグルコース(人の代謝系において最も大量に存在する炭水化物であり、細胞内の主要 なエネルギー源としての役割を果たします)(ブドウ糖:脳は、体全体のエネルギーの18%も消費するそうです。つまり脳は他の臓器よりも多くのエネルギーを消費しています。そして、ブドウ糖だけをエネルギー栄養素としている脳は、全体のブドウ糖消費量の内46%も消費されていると言われています)のことで、組織細胞に対して、エネルギーの補給をつかさどる重要な物質である)を抑制する作用を有する。骨格筋におけるグルコース、アミノ酸、カリウムの取り込み促進とタンパク質合成の促進、肝臓における糖新生の抑制、グリコーゲンの合成促進・分解抑制、脂肪組織における糖の取り込みと利用促進、脂肪の合成促進・分解抑制などの作用により血糖を抑制し、グリコーゲンや脂肪などの各種貯蔵物質の新生を促進する)の働きが悪くなったり、インスリンの分泌量が不足してくると、血中のブドウ糖の濃度が高くなり、全身に様々な合併症を引き起こす原因になります。また、この高血糖状態そのものが糖尿病を更に悪化させます。食生活の他のほか、ストレスも要素の1つです。

② ストレスを感じると、それに反応して副腎皮質ホルモン(副腎皮質より産生されるホルモンの総称である。炎症の制御、炭水化物の代謝、タンパク質の異化、血液の電解質のレベル、免疫反応など広範囲の生理学系に関わっている)(ホルモンとは:狭義には生体の外部や内部に起こった情報に対応し、体内において特定の器官で合成・分泌され、血液など体液を通して体内を循環し、別の決まった細胞でその効果を発揮する生理活性物質を指す。ホルモンが伝える情報は生体中の機能を発現させ、恒常性を維持するなど、生物の正常な状態を支え、都合よい状態にする重要な役割を果たす))・アドレナリンなどが分泌されます。これらのホルモンは、インスリンの働きを妨げ、血糖を上昇させます。

③ ちなみに、糖尿病患者さんの血の中をみると、糖質(糖を主成分とする物質。炭水化物のこと。脂質・たんぱく質に対していう。穀物・砂糖・芋類などに含まれ、エネルギー源となる)が大量に見受けられます」

プラーク

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる関係記載ページp.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.730トップへ

p.729 【ドロドロ血】が引き起こす怖い病気の数々 脳梗塞・心筋梗塞

p.729トップ

目次へリンク (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【アルカリイオン水健康法、生命の水研究所代表 小羽田(コハダ)健雄著、メタモル出版より引用】

「【脳梗塞・心筋梗塞】

① 脳梗塞(脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の1/5~1/10くらいに低下し、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥り、その状態がある程度の時間続いた結果、その部位の脳組織が壊死梗塞(コウソク:終動脈、終静脈が閉塞(ヘイソク:閉じて塞ぐこと)し、血管の支配領域で虚血(キョケツ:動脈血量の減少による局所の貧血)が起こり、血液 が流れにくくなって、酸素や栄養が十分に行き届かず、酸欠に陥った部分の細胞組織が 壊死(エシ:生物の組織の一部分が死んでいく様子)する)していまったもの)や心筋梗塞(狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患は、心臓を養う冠動脈の動脈硬化により血管の内腔が狭くなり、血液の流れが制限されて生じます。冠動脈が閉塞すると約40分後から心内膜側の心筋壊死に陥ります)というとまったく別々の疾患のようですが、梗塞という字でお分かりのようにどちらも器官周辺の血管が詰まってしまう状態、要は血栓などができてしまうことで血液が流れなくなり、当然酸素などの供給も完全にストップしてしまう状態です。

② 脳梗塞の原因は、脳血栓(ノウケッセン:脳の血管で動脈硬化が進むにつれ、徐々に血管の通路が狭くなります。狭くなった通路を通らなければならない血液は固まりやすい状態になり、やがて血の塊 (血栓(ケッセン:血管内の血液が何らかの原因で塊を形成することであり、主に 血管壁が傷害されることにより起こる。 通常、血栓の役割は止血である。止血が完了し 障害された部位が修復されると血栓は消える)) ができます。この血栓が、脳の血管に詰まって起きる病気で、脳梗塞の 1 つです)や脳塞栓(ノウソクセン:心臓にできた血栓や、まれには脂肪・腫瘍(シュヨウ)細胞などの塊が流れてきて、脳の動脈に詰まる疾患。症状は脳血栓と同様で、突発的に起こることが多い)が有ります。脳血栓は動脈硬化によって脳の血管が閉塞したり細くなったりして、脳梗塞になってしまう病気です。動脈硬化は、高血圧や高コレステロール血症、糖尿病などを放置することで進んでいきます。脳塞栓は、脳以外の場所(心臓や頸部(ケイブ:くび))でできた小さな血の固まりである「血栓」や傷口から血管に入った空気、脂肪組織などが脳の血管を詰まらせることで脳梗塞になってしまう病気です。

③ 一方、冠動脈(カンドウミャク:心臓をとりまく動脈は【冠動脈】といい、酸素や栄養素を含んだ血液を 心筋(シンキン:心臓筋ともいう。心臓壁の 大部分を構成し,心臓拍動のための収縮を行う筋肉)に供給しています)に血栓や塞栓(ソクセン:栓子(センシ: 塞栓((ソクエン)を起こすもの))(血塊などの塊)が血液中に遊離し、塊によって血管が塞がれ、血流が遮断されてしまうこと)ができると心筋梗塞を引き起すわけです」

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる関係記載ページp.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.729トップへ

 

p.728 【ドロドロ血】が引き起こす怖い病気の数々 動脈硬化

p.728トップ

目次へリンク (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【アルカリイオン水健康法、生命の水研究所代表 小羽田(コハダ)健雄著、メタモル出版より引用】

「【動脈硬化】

① 主な原因に⑴血中のコレステロール (2)高血圧(正常血圧は最高血圧が120mmHg未満、かつ最低血圧が80mmHg未満、常に最高血圧140mmHg以上、あるいは最低血圧90mmHg以上である状態を高血圧と定義)、肥満、運動不足 (3)喫煙、ストレスなどが挙げられます。コレステロールと動脈硬化(体のすみずみまで酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を果たしているのが動脈です。この動脈が年齢とともに老化し、弾力性が失われて硬くなったり、動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態を動脈硬化といいます)には深い関係がありますので、もう少し説明しておきましょう。

② 体内の各組織に運ばれていくコレステロールには【LDL(悪玉)】、各組織から余ったり廃棄されるために戻っていくコレステロールは【HDL(善玉)】と呼ばれます。各組織に運ばれていく時に余ったコレステロールは、酸化刺激を受けると【酸化LDL】となります。この状況を改善する為泡沫細胞(ホウマツサイボウ:血管の内皮に脂肪が沈着している位置にマクロファージがやってきて、泡沫細胞が形成される。マクロファージは、脂肪物質を取り囲みそれを破壊しようとする。 マクロファージは脂質(脂肪)をとりこみ、それで満たされ、「泡立った」外観になる)を出して酸化LDLをたべようとしてその残骸が血管の中に溜まっていきます。

③ 動脈硬化の対策としては、余分なコレステロールを排泄するために繊維質を多く摂取することやLDL(悪玉)コレステロールの酸化を防ぐリコピン(トマトに含まれるコリピンは、ビタミンEの100倍もの抗酸化力があるため、美容に敏感な 女性に注目されており、美容以外にもダイエットや悪玉コレステロールであるLDL コレステロールの酸化防止作用による健康へのメリットなどで人気が高まっています)、オレイン酸(オレイン酸はリノール酸と違い、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールをそのままに保つことの出来る優れものです。)、ポリフェノール(ポリフェノールとは、植物が自身を活性酸素から守るために作り出す物質で、抗酸化物質の代表です)などの抗酸化食品を豊富に摂取することが大切です」

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる関係記載ページp.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.728トップへ