p.895 正しい雨は“酸性”なのに、“酸性雨”はなぜ危険なのか?

p.895トップ

目次へリンク  (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【医学を変える水、生命の水研究所 小羽田健雄著 、メタモル出版発行】

「①

pH

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる 関係記載ページ

p.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,  p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.895トップへ

広告

p.894 “酸性”とは? “アルカリ性”とは?

p.894トップ

目次へリンク  (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【医学を変える水、生命の水研究所 小羽田健雄著 、メタモル出版発行】

「① 「もし、この容器の中のH₃O⁺(オキソニウムイオン、陽イオン)とOH⁻(水酸化物イオン、陰イオン)のバランスがくずれたらどうなるのかしら?」

② 「その時は全体が、酸性とかアルカリ性と呼ばれるんだ」

③ H₃O⁺(オキソニウムイオン、陽イオン)が多くなると、“ 酸性 ”と呼ばれ、pH0~7で表示されます。

④ H₃O⁺(オキソニウムイオン、陽イオン)が少なくなると、“ アルカリ性 ”と呼ばれ、pH7~14で表示されます。

⑤ pHの表示はあくまでもOH⁻(水酸化物イオン、陰イオン)がもらったHが基準です。

⑥ OH⁻(水酸化物イオン、陰イオン)で表現したい場合はpOHと示されますが、一般的には使用されていません。参考までにお知らせすると「pHが0ならpOHは14、pHが7ならpOHも7、pHが14ならpOHは0」とpHに添えられた数字とpOHに添えられた数字が足して14と決められています。

⑦「pHに添えられた数字が、ゼロの数を示すなら、pHが1違うと10倍違うことになるわね」「そう、2違うと10倍の10倍で100倍、3違うと10倍の10倍の10倍で1000倍」

⑧ でも、どうしてH₃O⁺(オキソニウムイオン、陽イオン)とOH⁻(水酸化物イオン、陰イオン)のバランスが崩れるのでしょうか?」

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる 関係記載ページ

p.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,  p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.894トップへ

p.893 純粋な水(純水)

p.893トップ

目次へリンク  (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【医学を変える水、生命の水研究所 小羽田健雄著 、メタモル出版発行】

「① pHが酸性なら、ありとあらゆる水溶液が“酸性水”です。

② 理屈の上では中性であるはずの純水も、空気と接触した瞬間に通常は酸性に傾いてしまいます。天空から舞い落ちる雪や雨も、蒸留水であったはずなのに、大気と接触して酸性に傾いています。これは、空気の中に含まれている炭酸ガスが、水に溶け込むからです。

③ ところで、私たちの受ける質問のなかに次の基本パターンがあります。

④ 酸性水(水道水をアルカリイオン整水器(水道水を電気分解してアルカリイオン水と酸性水を生成する家庭用の機器)を用いて電気分解した時、陽極側に得られる弱酸性(pH3~6)の水溶液。収斂(シュウレン:引き締まること)作用があることから、化粧水として美容目的に利用される)と酸性雨(硫酸(酸性)や硝酸(酸性)を含む水素イオン指数pH5.6以下の強い酸性の雨)。どう違うのですか? 」

⑤ 「辞典で調べて下さい」とお答えしたいのは山々なのですが、なんということでしょう。一般的な国語辞典を見ると、某社のものには、“酸性”は載っていても、“酸性雨”がないではありませんか。大きく分厚い現代用語事典には環境と化学の項目に別々に掲載されていました。

⑥ 水はH₂Oといいます。

⑦ 水は中性(電気的に中性という意味でこれからお話しするpHの中性とは全く異なります混同しやすいのご注意下さい)で行動に制限がなく、どこにでも飛んで行くことができます。その速さたるやジェット機ですら追いつくことが出来ないほどです。

⑧ しかし、自由行動ばかりしているとウンザリしてくるものです。水は5個以上で集まると心が安定し落ち着くことが出来るのです。こうして集合した水の集団を“クラスター”と呼びます。100℃で沸騰するような水溶液の場合は、12個程度のクラスターといわれています。

⑨ それでは、1Lの容器の中にH₂Oだけを集めてみましょう。これが純水です。

⑩ ところが、ここでとんでもない出来事が起こってしまいました。

⑪ 変身願望をもった水が現れたのです。

⑫ 変身願望のH₂O同士のやり取りをききましょう。

⑬ 「どうでしょう、私にあなたのHを1つ下さいませんか?」「ああ良いよ、僕のHを1つ君にあげよう!」

⑭ 中性だった1個のH₂Oは、もう1個の中性だったH₂OからHをもらって、H₃O⁺に変身しました。中性だった1個のH₂Oは、もう1個の中性だったH₂OにHをあげて、OH⁻に変身しました。

⑮ 2個のあいだでのHのやりとりでしたので、H₃O⁺とOH⁻が同数できた計算になります。

⑯ このように、H₃O⁺(オキソニウムイオン、陽イオン)とOH⁻(水酸化物イオン、陰イオン)が同じ数の時を「水溶液の中性」と呼びます。

⑰ そして、Hの功績をたたえpHの称号を与えました。

⑱「ところで、H₃O⁺がもらったHなんだけど、総重量にするとどれ位になるの?」

⑱「1×10⁻⁷g、つまり、0.000001gだね」。このg数表示のゼロの数は横に添えられることになりました。“7”です」

水 水変身

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる 関係記載ページ

p.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,  p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.893トップへ

p.892 還元水が肌のシミを消す

p.892トップ

目次へリンク  (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【人間の体に「本当に良い水は」これだ!! 電解還元水のすべて  、九州大学大学院教授 白畑實隆著・協和病院院長 河村宗典著、フォーシーズンズ出版】

「① 肌のシミやソバカス(顔面にできる茶色の細かい斑点)、これらもいってみれば肌の中に出来た酸化物です。老化のひとつと言ってもよいでしょう。子供の頃は紫外線を浴びてもSODというスーパーオキサイド・ラジカルを除去する酵素がすぐに誘導されてきますが、30歳を過ぎると、この酵素が誘導されなくなってくる為、皮膚に酸化障害が残り易くなります。40歳・50歳になると、肌にその人の実際の年齢が現れてくるようになります。食生活や生活習慣を正しくし、適度な運動をすることで、年齢よりも若返ることは可能です。シミ・ソバカス・シワのあるところに還元水をスプレーしてみると良いと思います。還元水が直接肌から吸収されて、皮膚細胞の新陳代謝をよくして、若返らせることが期待できます」

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる 関係記載ページ

p.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,  p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.892トップへ

p.891 還元水中の活性水素の特異な性質

p.891トップ

目次へリンク  (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【人間の体に「本当に良い水は」これだ!! 電解還元水のすべて  、九州大学大学院教授 白畑實隆著・協和病院院長 河村宗典著、フォーシーズンズ出版】

「① 電解還元水や天然還元水中の活性水素はアルカリ性でも安定で、銅イオンが存在しても活性を失わないという極めて特異な性質を示します。これまで知られているビタミンC(水溶性ビタミンの1種。化学的には L-アスコルビン酸をさす。生体の活動においてさまざまな局面で重要な役割を果たしている)・システイン・グルタチオン等の還元物質はアルカリ性で活性水素を放出していまう為に還元活性を失いますし、銅イオンによって容易に酸化されてしまいます。こうした性質は水素吸蔵合金(多量の水素を貯蔵できる水素化物をもっと低温で簡単に吸蔵・放出ができるように開発された物)の性質と似ており、電解還元水の活性水素が金属ナノコロイドに吸着・吸蔵されて存在するという仮説を支持します。

② 活性水素は不安定な為に、激しい反応性を持ち、周りの物質とすぐに反応してその性質を変えてしまう恐れがあります。活性水素が金属コロイドに吸着・吸蔵されることで、反応性が弱まり、活性酸素としか反応しない程度の弱い還元活性を持つようになったのではないかと考えています。これは生体のように様々な物質が混在する環境でも容易に活性を失わないで、長期間安定に存在しうるという意味で好ましい性質だと考えられます。

③ 電解還元水や天然還元水をふたをゆるめた解放条件の容器を用いて、120度でのオートクレープ(内部を高圧力にすることが可能な耐圧性の装置や容器、加圧蒸気滅菌)処理をしますと、還元水の活性水素検出反応は完全に消失しました。しかし、ガスが逃げないように密封してオートクレープをかけた場合には還元活性は完全に失われません。このことから、還元水中のミネラルに吸着された活性水素が、解放条件の加熱により失われたか、あるいは、金属ナノコロイドが解放条件では不安定化して凝集(ギョウシュウ: 細胞などが多数集って集塊(シュウカイ:多くの物が集まってできた固まり)となる)・失活(シッカツ:反応を起こさなくなること)した可能性が考えられます。合成白金ナノコロイドもオートクレープ処理に対して還元水と同様な性質を示しました」

 トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる 関係記載ページ

p.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,  p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.891トップへ

p.890 電解還元水整水器の電極がつくりだす意外な効果

p.890トップ

目次へリンク  (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【人間の体に「本当に良い水は」これだ!! 電解還元水のすべて  、九州大学大学院教授 白畑實隆著・協和病院院長 河村宗典著、フォーシーズンズ出版】

「① 電解還元水中の活性水素は少なくとも1カ月以上安定であると考えられます。活性水素はどのような仕組みで安定に水中に存在出来るのでしょうか。活性水素、すなわち水素原子はもっとも小さな原子であり、ほとんど金属に吸着・吸蔵されることが知られています。原子力発電所で、水中の溶存水素濃度をモニターしているのは、放射線による水の分解で生成した活性水素が潜り込むことで冷却水用の金属パイプが破壊されるのを防ぐためです。最近注目されている水素自動車は水素を燃やして走るため、廃棄物として水しか出さず、低公害車として注目されています。水素を貯蔵するのに水素吸蔵合金が使われていますが、これは低温で水素ガスを活性水素のかたちで金属内に貯蔵し、高温にすることで再び水素ガスに戻して燃やすものです。

② 私たちは電解還元水中の活性水素はミネラルに吸着・吸蔵されて存在するという仮説を立てました。しかし、私たちのいうミネラルとは、従来考えられているイオンでも、水中で沈むような大きな金属でもありません。その大きさが1nm程度の極めて小さな金属ナノコロイド(1μm以下の金微粒子(ナノ粒子)が、流体中 に分散しているコロイド(コロイド:微粒子))(金属原子の大きさ。Li⁺ :イオン半径0.60Å、Na⁺:イオン半径0.95Å、K⁺:イオン半径1.33Å、Rb⁺:イオン半径1.48Å、Cs⁺:イオン半径1.69Å、Be²⁺:イオン半径0.31Å、Mg²⁺:イオン半径0.65Å、Ca²⁺:イオン半径0.99Å、Sr²⁺:イオン半径1.13Å、Ba²⁺:イオン半径1.35Å)、あるいは金属ナノクラスター(金属ナノクラスター : 金属などを小さくすると新しい性質が発現することが知られており、大きさが100nm程度以下になった粒子をナノ粒子と呼びます。例えば金は非常に安定で、不活性であることが知られていますが、ナノ粒子になることで低温でもCO酸化反応を触媒することは、非常に多くの人の関心を集め、いまでも多くの研究がなされています。他の多くの物質も、同じように小さくすることで、新たな性質を発現することが多数報告されています。更に小さくして原子数が数十個程度、大きさとしては1nm程度になると今度はクラスター中の原子数が一つ変わるだけでも性質が大きく異なることが分かっています)と呼ばれるミネラルなのです。それほど小さな金属コロイドであれば、水の中に溶けているのと同様に均一に水の中に分散し、長期間安定に存在することが出来ます。金属ナノコロイドの大きさが小さければ小さい程、水と同様に細胞内に取り込まれ、全身に速やかに分布することが期待できます。

③ 因みに、水素原子の大きさは0.1nm、水分子の大きさは0.3nmです。細胞には水チャンネルという0.3~1.3nm程度の大きさの通路があり、水を速やかに通過させることが知られています。電解還元水中の金属ナノコロイドが、水と同じようにこの水チャンネルを通過すれば更に好都合です。

④ 水酸化ナトリウムだけを含む超純水を電気分解すると、白金電極から白金が溶出し、電解還元水の白金含量と活性酸素消去能が良い相関を示すことが分かりました。実際に、純水な白金に活性水素を吸着させると、活性酸素消去能を付与できること、合成した白金コロイドも電解還元水と同様な性質を示すことが分かりました。実際、電解還元水中に白金コロイドが存在することを電子顕微鏡で証明するとともに、そのサイズが平均粒径1nm程度であり、測定限界以下の1nm以下のコロイドも存在することが動的光散乱法により示唆されました。

⑤ 活性水素の運び屋あるいは供与体(キョウヨタイ:与える側という意味)として機能する金属ナノコロイドは白金だけではありません。その他の金属でも同様に活性水素供与体としてきのうすることを証明することが出来ました。九州大学理学部(理学:自然科学の教育・研究)の松田義尚教授らのグループは活性水素がケイ酸化合物中に取り込まれた場合、水溶液(水を溶媒(ヨウバイ:他の物質を溶かす物質)とする溶液(2つ以上の物質から構成される液体状態の混合物)の総称)中でも1年以上安定に存在しうることを報告しています。

⑥ 金属ナノコロイドは強い触媒(特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しない物をいう)効果を持つため、ナノテクノロジー(物質をナノメートル(nm、1nm = 10−9 m)の領域すなわち原子や分子のスケールにおいて、自在に制御する技術のこと)分野で大変注目されています。しかし、1nm以下の金属コロイド(1μm以下の金微粒子(ナノ粒子)が流体中に分散しているコロイド)を安定して生成することは大変困難なこととされています。水の電気分解の時に、陰極表面で起こる還元反応によって、こうした極めて微小なナノコロイドの生成が容易に行われているのかもしれません。ちなみに1nm程度の世界では量子(量子の世界:原子や分子といったナノサイズ(10⁻⁹)あるいはそれよりも小さな世界です)効果(量子効果:量子力学(光や電子などが“粒子”としての顔と“波”としての顔を併せもつことを理論づけた物理学)に特有の効果)が現れ、物質が突然現れたり、消えたりする不思議な現象が起こることが知られています」

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる 関係記載ページ

p.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,  p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

 p.890トップへ

p.889 活性酸素は理想的な抗酸化剤

p.889トップ

目次へリンク  (https://goodsun36.wordpress.com/%E7%9B%AE%E6%AC%A1/)

【人間の体に「本当に良い水は」これだ!! 電解還元水のすべて  、九州大学大学院教授 白畑實隆著・協和病院院長 河村宗典著、フォーシーズンズ出版】

「① 水は極めて安定的な物質で無理やり壊す為には、4000℃位の熱を掛ける必要があります。しかし、不思議なことに、水は常に水素イオンと水素イオン(H⁺、水素原子が1個の核外電子(原子核の周りをとり囲んでいる電子のこと)を失い,1価の陽イオン(正の電気を帯びたイオン)となったもので,陽子(プロトン)に等しい)と水酸化物イオン(OH−、陰イオンのこと、水が電離すると生じる)に分解(解離:分子が分解して原子,原子 団,他の分子,イオンなどを生じること)する性質をもっている為に、電気には大変弱く少し電流が流れるだけで、すぐに分解して真っ先に活性水素が発生し、ついで水素ガスが発生します。酸素を発生させるにはずっと大きな電気エネルギーが掛ける必要があります。こうしたことから、水は私たちの体を活性水素の害から守ってくれる活性水素の最適な貯蔵庫であり、供給源であるとの仮説を提唱(新しい考えを人に先立って主張すること)しました。水の中の活性水素は活性酸素と反応して水となり反応を終わります。従来のビタミンCやポリフェノールも活性水素を出して、活性酸素を除去しますが、相手を還元した後、自身が不安定な酸化剤に変わってしまうという諸刃の剣的性質があります。還元水の中の活性水素はそうした意味で理想的な抗酸化剤になる可能性があります」

トルマリン整水器(浄水器ではありません)、ダイエット、痩せる 関係記載ページ

p.1 , p.2 , p.4 , p.5 , p.7 , p.44 , p.58 , p.102  , p.103 , p.230 ,  p.231 , p.233 , p.234  , p.235 , p.270

p.889トップへ